| 33件目(121件中) |

isUniqueで重複チェック

固定リンク:#0000000091   投稿者:ZiSTA 日時:2009-12-29 17:03:43   コメント( 0

1.2RC1の話。


検証ルールに'isUnique'を使って重複チェックができます。'isUnique'は正確には検証ルールではなくてモデルのメソッドですが、検証ルールのように使う事が出来ました。

var $validate = array(
                'email'=>array(
                    'rule' => 'isUnique',
                    'message' => 'すでに登録されています'),
)


ルール名の指定方法は、1. 定義済みルール 2. コールバック関数名 3.'custom' 4. 'userDefined'の中から指定出来ます。'isUnique'は定義済みルールではないので、2番目のコールバック関数名にあたります。


2.のコールバック関数名を使う方法はモデル自身の関数を呼び出してくれる方法です。一般に独自の検証コードをモデルファイルに記述して記述して検証を行ないます。今回はフレームワークのモデルのメソッドに'isUnique'があるので、カスタムの検証コードを記述せずにそのままモデルのメソッドに処理を渡します。


また、RC1からisUniqueメソッドが更新かどうかを考慮してチェックしてくれるようになりました。Model->idにデータがセットされていれば更新扱いなので「idが一致しないレコードでユニークかどうか」というチェックになります。

また1つ便利になりました。

 

コメント

| 33件目(121件中) |
↑ ページトップ